読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おふログ

オフと風呂のログを綴るブログ

【長野上田・別所温泉】一人旅歓迎の宿・上松屋旅館へ行ってきた!(後編)

長野 温泉

f:id:bingo_tg:20160927004816j:plain

長野上田・別所温泉への一人旅として、一日目(前編)は上田エリア、別所温泉周辺を散策し、良い感じにぐったりしたところで上松屋旅館に到着。今回は、一泊20,000円の「一人旅期間限定・松茸三品付会席プラン」で予約。

 

f:id:bingo_tg:20160930185723j:plain

松屋旅館に入ると、ウェルカムサービスとして、抹茶、お茶菓子、白ワイン(試飲)が!あんまり良い感じの旅館に泊まったことのない僕にとって、こういったおもてなしがあるのは嬉しい。

 

f:id:bingo_tg:20160930220933j:plain

ウェルカムサービスを頂いた後は、お部屋までご案内いただく。お部屋の様子は・・・まあ正直、至って普通。

 

ここで、女将さんと夕食の時間(18:00、18:30、19:00)と朝食の時間(7:30、8:00、8:30)を決める。お部屋でのんびりしたい僕は、それぞれ一番遅い時間を選択。

 

f:id:bingo_tg:20160930221854j:plain

約束どおり19:00になったら、夕食を準備して頂く。これをお部屋で満喫できる贅沢!ぼっちでご飯を食べるのに緊張する便所飯世代には嬉しいサービス。(ちなみに、瓶ビールは別料金)

 

f:id:bingo_tg:20160930222253j:plain

前菜。右上には桜肉の時雨煮、奥の器には落ち鮎の土佐酢漬と、山の幸が色とりどり!

 

f:id:bingo_tg:20160930222516j:plain

お造りは信州サーモン岩魚。海のない長野県ならでは!

 

f:id:bingo_tg:20160930222600j:plain

松茸の一品目は土瓶蒸し!土瓶には贅沢に松茸が入っていて、小さなお椀に松茸を蒸したスープを注いで頂く。味わいは上品なお吸い物のよう(失礼な例えだが、永谷園の「松茸のお吸い物」を十倍も芳醇にした感じ)。「香り松茸、味しめじ」の言葉どおり、松茸の香りが堪能できる逸品!

 

f:id:bingo_tg:20160930222521j:plain

信州和牛信州地鶏焼き野菜を・・・(ちなみに、柚子胡椒のように見える中央の薬味は地味噌

 

f:id:bingo_tg:20160930224257j:plain

とにかく焼く!

 

f:id:bingo_tg:20160930224615j:plain

松茸の二品目、三品目は松茸ご飯茶碗蒸し

 

f:id:bingo_tg:20160930224731j:plain

松茸ご飯も茶碗蒸しも、大きくカットされた松茸がゴロゴロ入っている!

 

f:id:bingo_tg:20160930225122j:plain

「松茸三品付コース」と言いながら、四品目として松茸の味噌汁もあるよ!

 

f:id:bingo_tg:20160930225407j:plain

最後にはわらび餅林檎プリン巨峰のデザートで〆る大満足のコースでした。

 

欲を言えば、松茸という普段あまり口にしない食材を贅沢に頂くのだから、松茸の網焼きみたいにインパクトのある料理があると嬉しかったかも!

 

お腹いっぱいになったところで、メインの大浴場へ!

 

旅館の大浴場のため、写真は割愛しますが、上松屋旅館の大浴場は岩風呂檜風呂の二種類で、毎日23:00に男湯、女湯を入れ替えるスタイル。これで夜風呂と朝風呂で両方の大浴場が楽しめる!

 

どちらも内湯と露天風呂があり、4〜5人は余裕で入れるまあまあの広さ。岩風呂は露天風呂がすだれで目隠しされていたのに対し、檜風呂は露天風呂から別所温泉の風景が一望できるし、独り占めできる壺湯もあって、こちらの方が若干豪華!

 

先ほど(前編)の石湯で感じたお湯の“硫黄感”の物足りなさも感じさせず、芳醇(?)な硫黄泉が堪能できました。もちろん源泉かけ流しで、飲泉もできるように柄杓もありました。どうやら別所温泉は飲泉推しらしい。

 

特筆すべきはアイリッシュルームと称した、裸のまま椅子でゆっくり休めるスペースが階段を登った先にあって、窓から別所温泉の風景を一望しつつ、クールダウンできるので、いつまでものんびりと温泉に浸かっていられそう。

 

そうこうしている間に眠くなって、一日目の夜は更けました。

 

f:id:bingo_tg:20160930231512j:plain

二日目は朝食からスタート!

 

夕食のように部屋食・・・とはいかず、朝食は大広間で。一人客への配慮として、団体客とは別に一人用のテーブルが用意されていますが、学校のお昼休みで若干ハブられているような寂しさを感じてしまうかも。

 

f:id:bingo_tg:20160930231839j:plain

ご飯、味噌汁、サラダはビッフェ形式

 

朝食を食べ終わった後は、旅館をチェックアウトして、

 

f:id:bingo_tg:20160930233438j:plain

お寺めぐりをするもよし、

 

f:id:bingo_tg:20160930233308j:plain

外湯めぐりをするも良し(別所温泉周辺だけで外湯や足湯が7箇所ほど!)、

 

f:id:bingo_tg:20160930233416j:plain

別所温泉の周辺はフォトジェニックな街並みなので、カメラを持って散策するだけでも楽しい!

 

f:id:bingo_tg:20160930233807j:plain

少し足を伸ばせば、無言館という、戦時中に学徒出陣で儚く散った名も無き画家達の作品・遺品を集めた美術館もあります。入館料は1,000円で、珍しい後払いスタイル。

 

総括すると、長野上田・別所温泉は、都心からそこそこ近く、観光地もコンパクトにまとまっているので、一泊二日で旅館するにはちょうど良いスケールの場所だと感じました(逆に二泊、三泊すると持て余すかも・・・)

 

松屋旅館も、一人旅向けならではのめぼしいサービスがあるわけではありませんが、一人旅向けのプランがあり、一人旅を歓迎する、歓迎されるというお互いの認識があるだけでも随分と気楽に一人旅することができました。

 

とはいえ、お部屋やお風呂のグレードからすると、一泊20,000円は若干高いという印象は拭いきれなかったかなあ。もっと一人旅に特化したサービスがあると良いかもね!朝食もお部屋で食べられるとか。

 

ホームページをのぞいてみたところ、時期によって一人旅向けのプランは一泊15,000円〜あるようなので、また気が向いた頃に遊びに行こうと思います。気楽に一人旅をしてみたいという人にはぜひ!